ボタニカルライフでリラックス空間をゲットしよう

生活に植物を取り入れる

生活に植物を取り入れることをボタニカルライフと言います。特に都会などで周りに自然があまりない人にこそ、自宅に植物を飾るだけで自然と一緒に生活をすることができる為、リラックス効果や心身のリフレッシュにも繋がります。

ボタニカルライフを成功させるポイント3つ

必ずテーマを決めてから始めましょう

ただ闇雲にベランダに植物を飾ればいいという訳ではありません。それでは統一感もなく、見た目もあまりきれいではありません。まずはテーマを考え、そのテーマに見合った植物を配置したり、鉢を使用して飾りつけをすると見た目も綺麗に仕上げることが出来ます。

温度を下げるための工夫をしましょう

特にベランダで植物を育てる場合、夏場はベランダも60℃まで上昇します。これは植物にとっては過酷な環境になります。ベランダの多くはコンクリートで作られているためです。熱を遮るために人工芝やデッキタイルにスタイルブロックと敷くといいでしょう。

小さなお子様がいるご家庭は置き場に注意

小さなお子様がいるご家庭は植物の置き場には注意をしましょう。まだ物の分別もつかない頃なら何でも手を出したり口に入れたりします。鉢が倒れてけがをした、土を食べてしまったという事故を防ぐためにも、植物の置き場には十分注意して楽しみましょう。

[PR]
人工芝専門の通販サイト!
製品の特徴をチェックしてみよう

成功させる秘訣~ボタニカルライフで生活の質アップ~

観葉植物

安定の人気を誇るバラ

いつの時代も世の女性を魅了するバラ。バラの歴史も古く、地球上に現れたのは5,000万年前と言われるほど高等植物としては早くから登場しています。人とバラが関わりだしたのはメソポタミア文明だった紀元前5000年頃です。その美しい見た目と独特の甘い香りは、貴族を始め様々な女性から愛されてきました。日本でもバラの愛好家は多く、実は初心者でも育てやすいバラがたくさんあります。小さなものから大きなものもあり、バラは使い道も多くエッセンシャルオイルに化粧品、食品など鑑賞だけではなく様々なものに使用されてきました。

カラフルな花は気分も高める

植物を見るだけでも癒しの効果がありますが、カラフルな花は気分を高めることが出来ます。季節ごとに色とりどりの花を咲かせるので、展示会で飾ったり結婚式のブーケとしても映えます。また周りに自然がない都会でも、カラフルな花をオフィスや自宅のお部屋に飾るだけでも雰囲気が変わります。フラワーアレンジメントをして部屋やオフィスに飾ったり、ベランダなど限られたスペースで花を育てるのも良いでしょう。女性の多くは花が好きという傾向があります。カラフルな花を間近で眺めるだけでも沈んだ気分を高める手助けをしてくれるでしょう。

しっかりと手をかけてあげる

花を育てることは子育てと一緒です。手を書ければかけるほど綺麗な花を咲かせたり実をつけることも出来ます。逆に全く手をかけない、ほとんど手をかけない状態が続いた場合、枯れてしまったり花を咲かせても小さかったり少ししか咲かなかった、大きな実をつけることが出来なかったという結果になります。手をかければ植物もそれにこたえ、ぐんぐん成長し、綺麗な花や大きく立派な実をつけるでしょう。愛好家の中には花に音楽を聞かせたり、語りかけるように植物を育てています。自分流のスタイルでもいいので、植物に手をかけてみましょう。

生活の質が簡単に向上する

ボタニカルライフに切り替えるだけで生活の質は向上します。植物と共に生活をすると朝早く水やりをするため、必然と早起きになります。太陽光を浴びることで自律神経が整い、体調も良く活動的な毎日を送ることが出来るのです。

[PR]
ボタニカルライフに挑戦
緑のある生活でストレスを解消する

広告募集中